ついにBMW C600Sをゲットしました!!

以前メルマガのインプレッションコーナーでショートカットしてご紹介いたしましたがブログの方ではお客様から頂いたフルインプレッションをご紹介いたします。

お客様、T様(R1200GS所有、増車)





201407084.jpg
【 BMW C600Sport (2014年モデル)インプレッション 】

■外観などについて
  外観は車体の前後のボリューム感のバランスが良く、流石はスポーツモデルである、スリムで流線的なカッコよさが 街中のライダーたちからの熱い目線を感じ取っています‼
排気量は約650CCと街中走行はもとより、高速走行でも十二分な余裕の走りを実感できます。

 足つき性については、身長172cm 短足な自分にとっては、両足ツンツン状態となってしまいますが、信号待ちなどで止まる際は常に片足立ちをすることで不安はございません。(もともと以前乗っていた Vespa250GTSもシート高は高く、両足べた足で立つことはできませんでした)

 ウインドスクリーンは手動ですが3段階の調節が可能で、雨の日などの走行には、一番高い位置で使用すると、多少ですがその効果は発揮してくれます。

■エンジン、サスペンションなどについて
 エンジンは並列2気筒で、吹け上がり感も非常に高く、スクーターである事を忘れさせるほどの重厚かつ軽快なBMWサウンドを聞かせてくれます。但し信号待ちからの出足性に関しては、少々重たるい感があり、スパーっとスタートするということは期待できません(…もしかすると、もう少し当たりが取れれば変わってくるのかもしれませんが)。
高速領域になるとそのエンジン性能は素晴らしいものがあり、かるく140~150km は出てしまっています(法定速度は守りましょう!)。とにかく「早い‼」です。

サスペンションに関しては、セッティングモード機能は無いのでオートマチックな調整はできませんが、このSportに関しては路面状況をしっかり体で感じ取る事の出来る「固め(かちっとした)」な感じです。

■装備について
 バイク乗りにはうれしい「グリップヒーター」「シートヒーター」が標準装備です。初老の身体には「冬場の冷え」はかなりこたえますので…!
 
積載能力については、兄弟車のGTには敵いませんが、車両停車時(駐車時)に使用できるシート下の「フレックスケース」を使用すれば、そこそこの荷物をもって行くことが可能です。さらにはオプションのトップケースを付ければなおベストで~す‼

またサイドスタンド連動のパーキングブレーキシステムは、女性(初老)などがメインスタンドから車体をリリースする際に、200kg 以上ある車体を安心して行うことができます。

■最後に
 車高が810mmあることで、足つき性に不安があると思いますが、停車時前に少しだけお尻をずらし、片足着を行えば、もともと低重心な車両なのでふらつきの心配はないと思います。
またオプションでローダウンキットが他メーカーから紹介されていますので、検討しても良いかと思います。
 とにかく街中での注目度はハンパないですよ!!!




・・・素敵なインプレッションありがとうございました、C600Sも欲しい~です
皆様からのインプレッションをお待ち致しております。


杉並店 若山
BMW Motorrad ディーラー 株式会社テクノコシダ
東京都杉並区桃井1-39-1 TEL03-5303-7501

Motorrad Suginami

Author:Motorrad Suginami
2014年7月1日に移転拡大致しました!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセス
お問い合わせはこちらから

お名前:
メールアドレス:

お問合せ内容:

リンク